忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
アニメDVD「攻殻機動隊2.0」


アニメDVD「攻殻機動隊2.0

アニメDVD「攻殻機動隊2.0」は「攻殻機動隊」のリニューアル版です。

はじめて攻殻機動隊を観たのは10年以上前だったと思う。
最初に手に取った時は、パッケージデザインに惹かれたのが理由です。

観てみると内容も面白く、攻殻機動隊の世界感が確立されていて、魅了されました。

コンピューターとサイボーグ技術が高度に発達している世界で、主人公達は電脳通信が出来る。

つまり、遠くに離れていても、まるでテレパシーのように会話が出来るんです。

しかも他人に気付かれずに。

そういう風に、高度に科学技術が発達した世界で、公安9課と呼ばれる少
数精鋭の部隊が活躍するアニメです。

公安警察なので、政治的な話がもちろん出てきて、大人な感じのアニメに
仕上がっています。

その辺もこの攻殻機動隊の魅力です。
アクションシーンもカッコ良くてクールだと思います。

攻殻機動隊の監督はあの押井守さんです。
原作は士郎正宗さんのコミックです。

10年ほど前は、レンタルビデオ(DVDではない)をダビング出来たので、ダビングした「攻殻機動隊」を観ながら、

夜寝ていたのでシーンは殆ど覚えてしまいました。
それほど好きです。

その攻殻機動隊のリニューアル作品が「攻殻機動隊2.0」です。
やっぱり何度観ていても面白かった。

「攻殻機動隊2.0」、是非おすすめします。



超高度ネットワーク社会における凶悪犯罪に対抗すべく誕生した公安9課・通称“攻殻機動隊”。そのメンバーである草薙素子の活躍を描く。士郎正宗の原作を押井守監督がアニメ化したSFアクションのリニューアル版。
【ストーリー】
超高度ネットワーク社会の中で、より複雑・凶悪化していく犯罪に対抗するために政府は、隊長・草薙素子少佐を始めとする精鋭サイボーグによる非公認の超法規特殊部隊を結成。公安9課・通称「攻殻機動隊」の誕生である。 ある日某国情報筋から攻殻機動隊に警告が発せられる。EU圏を中心に出没し、株価操作・情報操作・政治工作・テロなどで国際手配中の通称“人形使い"が日本に現れるという。素子は犯罪の中に見え隠れする“人形使い"の影を追う。
【解説】
「スカイ・クロラ」の押井守監督が、世界を震撼させた自らの代表作をリニューアル!/これが、たどり着いた未来。

押井守
押井守についてウィキペディアを見る
押井守の世界
押井守・「スカイクロラ」公式サイト
押井守の公認通販サイト
押井守情報「野良犬の塒」
PR



アニメDVD「攻殻機動隊2.0」 | TrackBack(0) | アニメDVDおすすめ!

トラックバック

トラックバックURL:

| アニメDVDおすすめ! |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]